特定非営利活動法人ツバルオーバービュー

What's New

スクリーンショット 2016-04-26 6.29.28

パリ協定の署名式が4月22日ニューヨークの国連本部で行われました。エネレ・ソポアンガ首相は式典のオープニングスピーチを行い協定書にサインをしました。

ソポアンガ首相はスピーチの中で、パリ協定の一刻も早い発効のために、署名だけではなく、ツバルや他の島嶼国が行ったように、すみやかな批准を行って欲しい旨を各国に求めました。また、ツバル国民としては将来的にも国を出て避難することは考えていないが、環境難民は世界中で無視できない数字になっており、その権利を保護する法制度を確立するために国連の決議を求めました。

スピーチの様子は下記から視聴できます。

スクリーンショット 2016-04-26 6.35.04

 

スピーチ全文:TUVALU STATEMENT – High Level Signature Ceremony for the Paris Agreement, 22nd April, 2016, NY

ツバル政府からのプレスリリース:Press-release_Tuvalu-PM-Signing-Ceremony-of-the-Paris-Agreement