特定非営利活動法人ツバルオーバービュー

What's New

現在感染拡大中の新型コロナウイルスに対するツバル国のへの入国条件が発表されました。狭い島国ですからウイルスが持ち込まれれば、ツバル人全滅というリスクもあります。当然の処置と思います。

『Those who travel to a high-risk country must obtain a medical clearance 3 days prior entering Tuvalu and must remain in a country other than those listed as high-risk for at least 5 days before re-entering Tuvalu.』

となっていて、政府の対応が後手に回っている日本は当然「high-risk country」に指定されています。ツバルに入る前にhigh-risk country以外の国に14日間滞在することを求めています。ツバルに入国する場合はフィジー諸島共和国に14日間滞在することになります。(2020年2月28日修正)

Tuvalu_coronavirus

以下は在フィジー 日本大使館からの通達です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ツバル政府は新型コロナウィルスの蔓延防止措置に関する入国規制を行うこととしました。

1 2月3日,ツバル政府は新型コロナウィルスのツバルへの蔓延防止措置として以下の入国規制を行うこととしました。

規制内容
(1)30日以内に中国に滞在したことのある人の入国禁止。
(2)フナフチ空港及び海港における強制的な健康スクリーニング。
(3)高リスク国への旅行者は,ツバル入国3日前までに健康診断を受けなければならず,また,ツバルに再入国する前に少なくとも5日間,高リスク国以外の国に滞在しなければならない。
※上記「ツバル上陸3日前」及び「ツバル上陸前少なくとも5日以上」とは,ツバル上陸日を含まない。
(4)ナウソリ空港(フィジー)及びタラワ空港(キリバス)でも健康スクリーニングを実施する可能性がある。
(5)中国や高リスク国に過去30日以内に滞在したことのある外国船の船員の入国禁止。

(注)高リスク国には,2月11日現在で,日本,シンガポール,タイ,(香港)、台湾、韓国が含まれる。

2 2月4日現在,ツバル国内において新型コロナウィルスへの感染例は確認されておりませんが,引き続き最新情報の収集に努めてください。万が一感染の疑いがある場合は速やかに最寄りの医療施設で受診してください。また,ツバル国内において感染事例又はその疑いのある情報に接した場合には,大使館に連絡してください。

3 緊急事態発生時には,提出された「在留届」をもとに安否確認・支援活動等を行います。まだ登録がお済みでない方,住所などを変更された方,または既に帰国された方は,大使館に連絡するか,以下のリンクから手続きを行ってください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

4 その他情報源
○日本国外務省
(中国における新型コロナウイルスに関する注意喚起(その6))
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2020C021.html
(新型コロナウイルスに関する注意喚起(その4))
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C020.html

○首相官邸
(新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~)
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

○内閣官房
(新型コロナウイルス感染症の対応について)
https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html

○厚生労働省
(中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

○日本国国立感染症研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc/2482-2020-01-10-06-50-40/9303-coronavirus.html

在フィジー日本国大使館(領事・警備班)
住 所:(G.P.O. Box 13045)Level 2, BSP Life Centre, Thomson Street, Suva, Fiji
電 話:(679)330-4633(開館時間(8:30~16:30)以外は外部オペレータによる対応)
FAX:(679)330-1452
メール: ryoji.fiji@fj.mofa.go.jp
ホームページ: http://www.fj.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
フェイスブック: https://www.facebook.com/Embassy-of-Japan-in-Fiji-1977180959233388/