特定非営利活動法人ツバルオーバービュー

What's New

9月30日(木)、ツバル新政権の発足と各大臣、国会議長の発表がありました。
昨日お伝えした中で、急遽ウィリー・テラヴィが7人の議員で構成されるマイナーグループに寝返るという行動に出た、とお伝えしましたが、ウィリー氏と同様に、ヌイのイサイア・タエイア・イタレリ氏もマイナーグループに寝返っていたことが分かりました。
よって、最終的なマイナー、メジャーの内容と、大臣、国会議長の割り振りは以下のようになりました。

メジャー 9名

マーティア・トアファ(PM:首相)

イサイア・タエイア・イタレリ(Speaker:国会議長)

モニセ・ラアファイ(Finance and Economic Planning:財務、経済)

ウィリー・テラヴィ(Home affairs:公共事業)

ファウオア・マアニ(Health:健康)

ヴェエテ・パラクア・サカイオ(Works, Natural Resources and Tourism:天然資源、観光)

エネレ・ソポアンガ(Foreign affairs, Environment and Labor:外務、環境、労働)

ナモリキ・スアリキ(Education, Youth and Sports:教育、スポーツ)

タウケリーナ・タウイ・フィニカソ(Communication, Transport and Fisheries:コミュニケーション、運輸、水産)

マイナー 6名

カムタ・ラタシ
カウセア・ナタノ
ファレサ・ピトイ
トム・タヌカレ
ロトアラ・メティア
アピサイ・イエレミア

今回の組閣で、各省庁の編成にも対象変更がありました。各省庁の属する局の配置、それぞれの担当官はまだ決まっていません。