特定非営利活動法人ツバルオーバービュー

現地事務所通信

Total(Yu-Chuan Wu)

10月5日(火)の飛行機で、Taiwan ICDF(International Cooperation and Development Fund:財団法人台湾国際合作発展基金)から派遣されたボランティアのTotal(Yu-Chuan Wu)がツバルに戻ってきました。

Totalは、2009年9月から、ツバルの首都フナフチのゴミ問題を解決すべく派遣されており、8月下旬から一時帰国に入っていました。
2009年9月の時点では、Total(ゴミ問題担当)以外にもIT担当、観光担当、獣医担当で3名派遣されており、4名とも当初の予定では2年間ツバルで活動する予定でしたが、Total以外の3名は契約期間を短縮し、2010年8月末をもって台湾に帰国してしまいました。

フナフチのゴミ問題はEUやオーストラリア等も問題解決に努めていますが、前向きな進展が未だ見られないでいます。
しかしながら、近代化が進むツバル、特に首都のフナフチでは、適切に処理されることなく山積みされたゴミの山がいたるところに見られ、何らかの処置が必要なのは必須で、ツバル政府としても環境問題と合わせてゴミ問題の解決を重用視しています。

Totalの今後1年間の活躍に期待すると共に、ツバルオーバービューとしてもこのゴミ問題に取り組んでいきます。