1998年から南太平洋に浮かぶ島国ツバルに軸を置いた活動を行っています。最新ニュースの提供、気候変動防止を主題とした講演会への講師派遣・写真展へのパネル貸し出しを行う他、鹿児島の体験施設「山のツバル」では、スマートな低炭素暮らしの実験に挑戦しています。

ツバルに生きる1万人の人類

noataga

 

その昔、自然は私達の友だちでした。しかし今は災害と混乱をもたらすものとなってしまいました。私が住んでいる島でも、海面上昇の被害が頻発しています。それでも、私はこの島での生活を愛しています。ここで生き、ここで死ぬことを望んでいます。こんな当たり前の願いを叶えるためにも、どうか一刻も早く温室効果ガスの排出を止めてください。

Noataga 53才 漁師 ヌクラエラエ環礁在住(2007年5月26日収録)