1998年から南太平洋に浮かぶ島国ツバルに軸を置いた活動を行っています。最新ニュースの提供、気候変動防止を主題とした講演会への講師派遣・写真展へのパネル貸し出しを行う他、鹿児島の体験施設「山のツバル」では、スマートな低炭素暮らしの実験に挑戦しています。

ツバルに生きる1万人の人類

noama

孫が会いに来てくれることが一番嬉しいことです。彼らが良い学校に行き、良い生活を手にすることが今の私の夢です。

温室効果ガスを排出している大きな国に住むみなさんには、ツバルのような土地の低い島国のことをもっと知って欲しいと思います。

Noama Telephonie 81才 隠居 フナフチ環礁在住(2007年5月7日収録)