1998年から南太平洋に浮かぶ島国ツバルに軸を置いた活動を行っています。最新ニュースの提供、気候変動防止を主題とした講演会への講師派遣・写真展へのパネル貸し出しを行う他、鹿児島の体験施設「山のツバル」では、スマートな低炭素暮らしの実験に挑戦しています。

講演会・写真展のご案内

  • 講演会・写真展のご案内
  • 過去の記録
  • 講演会のご依頼

フランス北部のリゾート地ブローニュにあるヨーロッパの中でも大規模な水族館を併設した国立海洋センターNausicàa Centre National de la Mer(ナウシカではなくノージカと発音するようです)が主催しているIsland Storiesというイベントで「ツバルに生きる一万人の人類」プロジェクトが紹介されています。

Nausicaaは海と環境と人の関係に焦点を当てて、研究、教育、啓蒙活動などを行っている研究施設です。この度、島嶼国の自然や文化、現状の問題、そして、人々の声をヨーロッパの人々に紹介するイベント「Island Stories」をAOSISなどの共催を得て主催しています。イベント期間は2013年の3月までです。

その中で、島嶼国の人々の素顔と声にダイレクトにアクセスできることが評価されて、「ツバルに生きる一万人の人類」も展示されています。同時にTuvalu Overviewの活動なども紹介されています。

フランスのブローニュ、日本からは随分遠いところですが、ツバルをはじめ南の島々が紹介されているイベント、お金と時間があれば是非訪れてみたいものです。

http://www.nausicaa.co.uk/who-are-we.html