1998年から南太平洋に浮かぶ島国ツバルに軸を置いた活動を行っています。最新ニュースの提供、気候変動防止を主題とした講演会への講師派遣・写真展へのパネル貸し出しを行う他、鹿児島の体験施設「山のツバル」では、スマートな低炭素暮らしの実験に挑戦しています。

What's New

スクリーンショット 2016-04-26 6.29.28

パリ協定の署名式が4月22日ニューヨークの国連本部で行われました。エネレ・ソポアンガ首相は式典のオープニングスピーチを行い協定書にサインをしました。

ソポアンガ首相はスピーチの中で、パリ協定の一刻も早い発効のために、署名だけではなく、ツバルや他の島嶼国が行ったように、すみやかな批准を行って欲しい旨を各国に求めました。また、ツバル国民としては将来的にも国を出て避難することは考えていないが、環境難民は世界中で無視できない数字になっており、その権利を保護する法制度を確立するために国連の決議を求めました。

スピーチの様子は下記から視聴できます。

スクリーンショット 2016-04-26 6.35.04

 

スピーチ全文:TUVALU STATEMENT – High Level Signature Ceremony for the Paris Agreement, 22nd April, 2016, NY

ツバル政府からのプレスリリース:Press-release_Tuvalu-PM-Signing-Ceremony-of-the-Paris-Agreement