特定非営利活動法人ツバルオーバービュー

What's New

昨年12月ポーランドで行われたCOP14へのツバル国首相のステートメントをご紹介します。ページ後半に日本語対訳も添付してあります。ご参照ください。


HON. Apisai Ielemia (c)IISD

TUVALU STATEMENT

AT THE HIGH LEVEL SEGMENT OF THE COP14 OF THE UNFCCC
AND CMP4 OF THE KYOTO PROTOCOL

DELIVERED

BY

HIS EXCELLENCY THE HONOURABLE APISAI IELEMIA PRIME MINISTER OF FOREIGN AFFAIRS

POZNAN, POLAND

THURSDAY 11 DECEMBER 2008

His Excellency The President of the Republic of Poland
His Excellency the President of COP14
Distinguished Government Leaders and Ministers
His Excellency the Secretary General of the United Nations
The Executive Secretary of the UNFCCC Secretariat,
Ladies and Gentlemen,

Every year it becomes more and more evident that climate change is upon us. We, the Pacific island peoples, have consistently over the years been expressing our concerns over the threats posed by climate change. And we have called for increased adaptation and mitigation efforts, including global reductions to greenhouse gas emission. Recent scientific evidence on ice sheet melting and ocean acidification suggests that we must act more rapidly before it is too late for countries like Tuvalu. Our future is in your hands.

The next twelve months will be crucial in establishing a new climate change regime. I would like to highlight 5 key issues that we believe are necessary to tackle climate change. It is critical that we have your support in ensuring that together we effectively address that threats posed by climate change.

On the issue of reducing greenhouse gas emissions, we believe that there needs to be a more comprehensive approach by all major emitting countries. For those large emitting developing countries we acknowledge the need for development but we need assurance that development does not cause other countries, like our own, to suffer. We cannot sink while others rise. Given our extreme vulnerability as a small low-lying atoll country, we must not sink from the problems caused by the big and industrialized countries.

First, we believe that the Kyoto Protocol should be strengthened. This can only be done by the industrialized countries, known as Annex I, taking deep emission reductions during the next commitment period. The architecture of the Kyoto Protocol must remain.

Second, we must use the commitments made in the Kyoto Protocol to contribute towards funding adaptation. We must use a share of the proceeds from the allocation of emission targets in Annex 1 Parties to provide a new revenue stream for adaptation. This is critical. For extremely vulnerable countries like Tuvalu, we need a guaranteed and substantial source of income for adaptation. Handouts from aid budgets will not be sufficient.

The Adaptation Fund, in this regard, is the ?esurvival fund?f for Tuvalu and many but I have to say that I am deeply worried by the way negotiations on the Adaptation Fund are progressing at this meeting. SIDS like Tuvalu need direct access and expeditious disbursement of funding for real adaptation, URGENTLY, because we are suffering already from effects of climate change. How else and what else can we say it more clearly!

It seems, however, that some key industrialised countries are trying to make the Adaptation Fund inaccessible to the most in need. I am compelled to say that we are deeply disappointed with the manner some of our partners are burying us in red tape. This is totally unacceptable. The most vulnerable countries to the impacts of climate change must be able to access this fund without delay. We do not want the Adaptation Fund to turn into all the other funds administered by the Global Environment Facility, where the only countries that can properly access the funds are the one that can afford consultants and UN agencies to write lengthy and endless project proposals and work their way through metres of red tape and survive lengthy delays.

Mr. President, my third proposal is that we must negotiate a new international legal instrument to ensure that developed countries who are not parties to the Kyoto Protocol take deep emission reduction targets. In particular, we are looking to the United States to step out of the dark ages of inaction and become a leading light on climate change. I certainly hope that President-elect Barak Obama, will lead his country into a new enlightened period of global responsibility and stewardship.

We are seeking substantial emission reduction targets from the United States. It must provide a comparable effort with Kyoto Protocol Parties. The United States has a lot of catching up to do.

Therefore we must create a process to allow major emitting, developing countries to take targets to reduce their emissions well below their current emission trajectories. We need a global response to climate change and we need all major greenhouse gas emitters in the world to contribute to a global response.

Fourth, we need a new arrangement for least developed countries and small island developing States to pursue a low carbon future. We need strong international assistance to allow us to develop and deploy renewable energy and energy efficiency technologies so that we are guaranteed energy security. We cannot afford to be held hostage to continual leaps in the price of imported fuels.

Fifth, we seek a new arrangement for adaptation under the new legal agreement we will agree upon in Copenhagen. This new agreement on adaptation should provide new finance over and above any new arrangements developed under the Kyoto Protocol. We envisage that the United States and major developing countries will contribute to this arrangement. Within this new arrangement on adaptation we are seeking a new international regime on insurance to ensure that the countries that are the most vulnerable to the impacts of climate change are able to recover from these impacts.

Finally Mr. President, I feel it is necessary to say something about our human rights. It is our belief that Tuvalu, as a nation, has a right to exist forever. It is our basic human right. We are not contemplating migration. We are a proud nation of people with a unique culture which cannot be relocated somewhere else. We want to survive as a people and as a nation. We will survive. It is our fundamental right.

Tuvalu mo te Atua. (Tuvalu for the Almighty)

Thank you.

—–

ツバル声明対訳

アピサイ・イエレミア(ツバル国首相)

ポズナン・ポーランド

2008年12月11日

カチンスキ大統領(ポーランド)COP14代表、各国代表また省長の方々、国連事務総長、UNFCCC事務局長、そしてその他の皆様

気候変動の影響が毎年顕著になっています。私たち太平洋の住民は、気候変動による脅威に関する懸念を長年にわたって継続的にお伝えしてきました。私たちは、世界的なCO2削減含め、さらなる適応策、緩和策を呼びかけてきました。氷融解また海洋酸性化に関する直近の科学的リサーチ結果は、ツバルのような国々が手遅れになる前に、私たちはもっと迅速に行動しなければならないことを証明しています。私たちの将来は皆様にかかっているのです。

この先12ヶ月は、新しい気候変動に関する国際的な枠組みを確立するのに大変重要な時期となります。気候変動に立ち向かうに際して、以下5つの主要問題が重要だと思われます。皆様のサポートを得、我々が一丸となって効果的に気候変動による脅威に対して取り組んでいくことが大変重要です。

CO2排出量削減に関して、我々は、全ての大量排出国による、さらに包括的なアプローチが必要だと感じています。大規模な発展途上国については、私たちも開発の必要性は認識していますが、開発が他国に被害がないことを確認する必要性があります。他者の発展のために私たちが沈んでいくわけにはいきません。私たちの国は、海抜の低い環状サンゴ島ですので、大変影響を受けやすく、大きな国々、先進国により起こされた問題によって、私たちが沈んでいく状況を見逃すわけにはいきません。

最初に、私たちは、京都議定書を強化する必要があると感じています。これは、先進国(Annex I)が、次の約束期間において、更なるCO2の大幅な排出削減を実現することによりのみ可能です。

次に、適応のための資金を供与するという京都議定書のもとでの義務を確実に実施する必要があります。先進国(Annex I)に割り当てられたCO2排出削減目標を取引する際に生まれる収益の一部を、適応のための新しい収益源としてしっかりと使わなければなりません。これは大変重要なことです。ツバルのように影響を受けやすい国にとっては、適応に利用する多大な収入源を確保することが必要です。援助予算からの補助金は充分ではありません。

そのような意味において、適応基金はツバルや他国にとって「生き残るための基金」と言っても過言ではありません。しかし、この会議での適応基金に関する交渉を見ていると、とても不安になります。ツバルのような小規模島しょ国には、本当の意味での適応に向けて、今すぐ基金への直接アクセスと迅速な支払いが必要なのです。なぜなら、私たちは既に気候変動の影響により生活を脅かされているからです。これ以上、どのようにもっと明確に私たちの切迫した状態をお伝えすることができるでしょうか?

しかし、主要先進国のうち数国が、適応基金を一番必要とする国々が資金を受け取れない状況へと話を進めているように思われます。しばしば私たちは、複雑な官僚制度の中で埋もれていくことがあり、パートナーである数国のそのような態度に、私たちは大変落胆しています。これはとても受け入れがたい事実です。気候変動に関して一番影響を受けやすい国々が、遅延なく資金を受けられるべきです。

地球環境ファシリティーに運営される他の基金は、コンサルタントや国連機関を雇って長文のプロジェクト提案書を書くことができ、長い官僚的プロセスの中で事を進めることができ、長期の遅延が許されるような状況にある国のみがちゃんと基金の資金を受け取れる、というのが現状となっているようです。私たちは、この適応基金が、このような状況に陥ることを大変残念に感じています。

三つ目の提案は、京都議定書非参加の先進国も、実質的なCO2排出削減努力をすることを確保する新しい国際法の策定に向け交渉しなければならないということです。特にアメリカは、長い無活動の時代を終え、気候変動問題に関して指導的立場になるべきです。私は、オバマ新大統領がアメリカを新しい明るい時代へと導き、世界的責任を果たすことを願っています。

我々は、アメリカが大幅なCO2排出削減目標をもつことを求めます。京都議定書参加国と並ぶような削減努力を見せることが必要です。アメリカはすでにずいぶんと出遅れていますから。

また、現在すでに大量にCO2を排出している発展途上国が、現在の排出レベルよりもずっと削減することを目標とすることを確認しなければなりません。今私たちは、気候変動に関して、世界規模な対応が必要であり、世界中の全ての大量排出国がこれに対して貢献することが重要です。

第四に、後発発展途上国や小規模島しょ国が低炭素の未来を追求していけるよう新しい取り決めが必要です。また、エネルギーのある未来を確保するため、私たちが再生可能エネルギーや省エネ技術を開発また展開することができるよう、強力な国際的な支援が必要です。高騰し続ける燃料の輸入価格によって自分たちの生活が多大な影響を受けるような事態は避けなければなりません。

第五に、コペンハーゲン(2009年12月、COP15)で合意する新しい法的な枠組おいて、私たちは適応に関する新しい取り決めを含めることを求めます。この新しい適応に関する合意により、京都議定書のもとでの適応に関する資金の取り決めよりも多大な財源が提供されなければなりません。私たちは、アメリカや他の大規模な発展途上国が、この新しい適応のための資金に関する取り決めに貢献することを期待しています。また、この適応に関する新しい取り決めに、気候変動の影響に一番脆弱な国々がその影響に適応し元の状態に戻ることができることを保障する国際的な体制が確実に含まれることを求めます。

最後に、私たちの人権についてお話ししなければなりません。我々ツバル国は国として存続する権利があると考えます。それが私たちの基本的な人としての権利です。私たちは、移住は考慮していません。ツバルという国は、国を誇りに思う人々と、独特の文化を持つ国であり、それは他の場所に移動して存続することのできるものではありません。我々は、人として、また国として、存続したいと望んでいます。私たちは生き延びます。それが私たちの根本的な権利ですから。

全能の創造主のためのツバル (Tuvalu mo te Atua).

ご清聴ありがとうございました。

—–

声明の中で特に注目すべき点は、一番最後、移住を考慮していないという部分だと思います。移住を公式に否定する発言はこれが初めてかもしれません。ツバル人はツバルの島々で生きてはじめてアイデンティティーを獲得することができます。それは私たち日本人も同じです。現在の気候変動や地球温暖化の根本解決を目指すことは、それぞれ自らの人権と未来を守ることと同じことだと言うことを改めて認識させる声明ではないでしょうか。

日本語翻訳:平部 明日香さん(ハワイ大学)
担当:川阪 京子(Tuvalu Overview)
編集:遠藤 秀一(Tuvalu Overview)
この記事に関するお問い合せはこちらからお願いいたします。