1998年から南太平洋に浮かぶ島国ツバルに軸を置いた活動を行っています。最新ニュースの提供、気候変動防止を主題とした講演会への講師派遣・写真展へのパネル貸し出しを行う他、鹿児島の体験施設「山のツバル」では、スマートな低炭素暮らしの実験に挑戦しています。

出版・刊行

15年間続けてきたツバル国でのマングローブ植林はコロナの影響もあり、一時サスペンドすることとなりました。それに先立って、現地や他国でのマングローブ植林が継続できるようにマニュアルと付随する動画を制作しました。

気候変動は待ったなしの状況が続いていますが、各国の取組には決定打を欠く状況が続いています。個人やコミュニティーでの取り組みがますます重要になっていると感じています。

当団体では国内の拠点である「山のツバル」を中心とした低炭素社会実現への取り組みを重視した活動をしばらく続けていく予定です。

COVID -19の状況も鑑みながら、海外での活動も計画していきます。

植林マニュアル:http://www.tuvalu-overview.tv/pdf/mangrove_manual.pdf

植林説明動画:https://youtu.be/R4Ff6DD3T1w

activity_report_in_2019_at_TUVALU.pdf